高島秀周の占い師の考え事

読むだけで開運出来るブログ

*

易経とは何か

  • 易経とは何か

 

易経という字は、トカゲを側面から見た象形文字で、上部の“日”はトカゲの頭部、下部の“勿”は足と尾であるという(説文解字)。ある種のトカゲは十二時虫とも呼ばれ、体色を一日に12回も変えることから、易という字は「変化する」という意味を持つようになった。そして筮竹を数えて、その数の変化によって占うことから、占筮書に「易」という名が与えられた。

また、周易の筮辞についての注釈や易理論を編纂したものを易伝といい、十種あることから十翼といわれている。周易とはこれら十翼を含めたことを指す。周易の原型と区別するためにこれらを「易経」と読んでいる。

 

公開日:
最終更新日:2016/01/22

Translate »